アイスバブルウォッチング’20〜21

実施日時 12/30、1/3 8:15〜10:00 料 金 800円
保険料込み
催行条件 定員7名様
悪天候時中止
湖上に雪がたくさん積もっても、中止

2019年は全面結氷してからしばらく
雪が降らなかったので、
アイスバブルの大豊作でした。
2019年の冬は雪が大変少なく、糠平湖一面に見えたアイスバブル。湖の底から湧くメタンガスが氷に閉じ込められて、白いそろばんの玉のようになる現象です。
お正月の糠平湖は比較的雪が少ないので、湖上へ行くとあちこちで見られます。当たり前に見ていたので、自分としては「今年は多いね」ぐらいでした。が、お客さんの反応が”大絶賛" だったので、今年はアイスバブルを見に行くイベントをやってみようと思います。

雪が積もると見えなくなってしまいます。多少の雪ならかき分けて見つけられますが、たくさん積もると”めんどくさい”ので(笑)、中止となります。また結氷直後に雪が降ると、氷と雪が一体化して濁り見えなくなってしまうので、その場合も中止です。
というわけでごめんなさい。ツアーができるかどうかは時の運です。

持ち物は防寒着、厚手の手袋と靴下、耳の隠れる帽子をご用意ください。

※ 氷の上は大変滑りやすくなっております。高齢の方、足の不自由な方はご遠慮ください。

※ ツアー終了後、ぬかびら発10:13のバスで帯広へ移動することも可能です。ご希望の方は予約時にあらかじめお伝えください。

水深20メートルの上に立つという、
不思議な感覚も味わえます。

これがアイスバブル。
白い気泡が縦に積み重なっているように見えます。

条件がそろうと、スケートリンクのようになります。
アイスバブルは堪能できますが、転倒注意です!

冬のツアー・イベントに戻る