3人目のヘルパーだより
 ぬかびらだよりの更新が遅れてしまいました。本当は9月のツアー紹介などをするところですが、もう今月も終りなので糠平近辺の紅葉とぬかびらユースの近況をお知らせしたいと思います。

 今月のぬかびらだよりは、ペアレントが帯広市内の病院に連泊しているので、代わりに去年の夏のヘルパーが書いてます。「なぜ去年の夏のヘルパーが?」と思った方、するどい。詳しく説明すると涙なくしては語れない『プロジェクトX』の二週分になるような物語なのですが、簡単に言うと、ペアレントが帯広に出発した翌日に泊まりに来たばかりにこんなことになってしまいました。といわけで、去年の夏「りょうくん」と呼ばれていたヘルパーがぬかびらだよりをお送りします。

 まず糠平近辺から。今年は紅葉が降りてくる時期が早く、ちょうど見頃を迎えています。紅葉の名所として知られる銀泉台や高原温泉の紅葉はそろそろおしまいになりそうなので、むこうに行くよりはこちらに・・・。先日三国峠にも行ってみましたが、ここから見下ろす三股盆地の黄葉やユース−三国峠間の道沿いの方がきれいに紅葉していたりします。

 糠平から車で40分くらいの所にある然別湖の紅葉は、あと一歩というところです。見頃は1週間くらい先ではないかと思っていますが、朝の気温が下がると一気に木の葉の色が変わるので油断はできません。

 同じく糠平から車で20分くらいの場所にある幌加温泉の紅葉は、たぶん、今がピークです。ここには夜しか行っていないので、もしかしたら違うかも。ただ、車のライトに浮かびあがる木は、なんとなく赤っぽく見えます。

 糠平の紅葉情報はこれくらいにして、ユースの近況をお知らせします。

 たくさんの方に心配のメールなどをいただいた9月26日の地震ですが、やはりユースもかなり揺れました。建物自体の古さのためか、しなるように揺れました。でも大丈夫です。被害は湯のみ一つです。建物にヒビのようなものが入っている場所もありますが、元々あったのか、地震でできたのか、正直、区別がつきません。昨日も震度3の余震がありましたが、まだしっかりと建っています。意外と頑丈にできているようなので、ご安心を。

 ところで、現在帯広に滞在中のペアレントですが、今週末か来週くらいには戻って来るかもしれません。「10月10日くらいから臨時休館やめて臨時開館しようと思うんだよねー」と言ってるほど元気です。まだどうなるか分かりませんが、もしかするといつのまにか開館しているかも。

 まだ予約を受けられる段階ではありませんが、10月半ば以降、へろへろのペアレントを見てみたいという方、お問い合わせください。

                           9月30日   

地上4階。陽光ふりそそぐ

ラウンジでくつろぐペアレント。

そろそろ糠平に帰ってくる

ようです。(10月1日撮影)

糠平だよりップページ